ホントに使えた!旅行で役に立つフランス語【初心者】

フランス語がまったく分からなくてもフランスに旅行したい!と思う人はたくさんいますよね。私もまったくしゃべれず読めず聞き取れないという状況だったので、ほんの少しだけ旅行前にフランス語を勉強してみました。

でもそれは、おもに食べ物に関する言葉だけ!レストランで好きなものを注文したいがために、食べ物に関する言葉を調べたり、メニューをプリントアウトして読んでみたりしました。

ここでは、食べ物に関するフランス語や知っていると役に立つ旅行で使えるフランス語、読めたら助かるフランス語を紹介します。もちろんごくごく簡単なスーパー初心者向けです!

ひとこと会話編

おはよう/こんにちは

Bonjour(ボンジュール)

ホテルの出入りやお店に入るとき、買い物をするときなど、あらゆるところでこの一言を。無言でいるのはとても失礼になるそうです。にこっと笑顔を向けるとさらに好感度アップ。

こんばんは

Bonsoir(ボンソワー)

夕方になったら切り替えるそうですが、パリはなかなか暗くならないのでボンジュールとばかり言っていたように思います。

ありがとう

Merci(メルシー)

何かをしてもらったら笑顔でお礼を。日本と同じですね。

さようなら

Au revoir(オーヴォワー)

お店やホテルの人に良く言われた言葉です。ボンボヤージュを付け加えて「au revoir bon voyage(さようなら、良い旅を)」と言ってくれる人も多かったです。

お願いします

S’il vous plaît(シル・ヴ・プレ)

英語の「please(プリーズ)」と同じように使えばOK。単語を並べただけの会話でも、最後にこの一言を添えれば丁寧な印象になります。

はい/いいえ

Oui/Non(ウィ/ノン)

英語のイエス、ノーでも十分通じたので、無理に使わなくても良いかもしれません。

お会計お願いします

L’addition s’il vous plaît(ラディシオン シルヴプレ)

食事が終わったら担当のウェイターさんと目を合わせてこの一言を。英語で「Check?」と聞き返してくれる人が多いので「通じるかな?」という心配は不要ですよ。

無料のお水をください

L’addition s’il vous plaît(ラディシオン シルヴプレ)

フランスのレストランではお願いすれば水差しに入った無料のお水(水道水)がもらえます。ミネラルウォーターは高いので遠慮せずにお願いしましょう。もちろん飲める水道水です。

店内でお召し上がりですか?お持ち帰りですか?

Sur place ou à emporter?(シュル プラス ウ アンポルテ?)

テイクアウトできるお店では会計時に必ず聞かれます。知らないと「何か言ってる~!でもわからない~!」とパニくること請け合いなので、ぜひ覚えておきましょう。

店内で食べます

Sur Place(シュル プラス)

「その場で」という意味のフランス語です。

持ち帰ります

Emporter(アンポルテ)

「take away?」と英語で聞いてくれる観光客慣れしたやさしい人も多かったです。日本で使う「テイクアウト」は通じないので要注意ですね。

意味だけわかればOK【地下鉄編】

パリ市内観光では地下鉄を使う人が多いですよね。そこで迷子にならないために読めたらきっと助かるフランス語を紹介します。

地下鉄:Métro

これは日本でも使うので問題なさそうですね。

出口:Sortie

これが読めないと地下鉄から出られません!ぜひとも覚えておきましょう。

意味だけわかればOK【観光編】

美術館やデパートなどで読めたらスムーズに移動できるフランス語です。

入口:Entrée

英語でいう「Entrance」です。似ているので予想しやすいですね。

押す:Poussez

Pushの「P」と覚えるのはいかがでしょうか。

引く:Tirez

これはなじみがない言葉なので覚えておきたいですね。ドアに激突するのを避けるためにも…。

男性:Messieurs

トイレで役に立つのがこの言葉です。意外と判断が付きにくくて、間違えて入りそうになってしまいました。(コイン係のマダムに笑われました)

女性:Dames

マダムに似ているなと思って調べたら「ma (私の)+ dame(夫人)」でマダムになるそうです。覚えやすいですね。

意味だけわかればOK【レストラン・カフェ編】

フランスのレストランやカフェで飲みたいものや食べたいものを注文するために役に立つフランス語です。英語メニューがある場合は良いのですが、フランス語メニューしかないお店ではまったくわからないと途方にくれます。ぜひ覚えてみてくださいね。

飲み物

フランスで一度は行きたいカフェ。飲みたいものをオーダーしましょう。

飲み物:Boisson(ボワソン)

温かい飲み物:Boisson chaude(ボワソン ショード)

冷たい飲み物:Boisson froides(ボワソン フロワド)

紅茶:thé(テ)

コーヒー:café(カフェ)※エスプレッソが出てきます

アメリカンコーヒー:café américain(カフェ・アメリカン)※日本で飲むコーヒーはこの呼び名でオーダー

ココア:chocolat(ショコラ)

赤ワイン:vin rouge(バンルージュ)

白ワイン:vin blanc(バンブラン)

ビール:bière(ビエール)

レストラン

レストランでメニューが読めないのは致命的。以下の基本的な言葉を覚えるだけでもかなり有効です。

メニュー:Carte(カルト)

前菜:Entrées(アントレ)/Hors-d’oeuvre(オードブル)

メイン:Plat(プラ)

デザート:Desserts(デセール)

チーズ:Fromages(フロマージュ)

肉料理:Viandes(ヴィヤンド)

魚介料理:Poissons(ポワソン)

コース料理:Menu ※日本でいうメニューではないので要注意!

本日の~:~du jour(~デュ・ジュール)

肉の種類

好きなお肉を食べるために知っておきたいですね。

牛肉:Boeuf(ブフ)

仔牛:Veau(ヴォ―)

豚肉:Porc(ポール)

鶏肉:Poulet(プレ)

仔羊:Agneau(アニヨー)

鴨:Canard(キャナール)

ウサギ:Lapin(ラパン)

ハト:Pigeon(ピジョン)

魚介の種類

お魚もしかり。好きな魚介の呼び方はぜひとも覚えていきましょう。

舌平目:Sole(ソル)

鮭:Saumon(ソモン)

イワシ:Sardine(サルディヌ)

サバ:Maquereau(マクロ)

小エビ:Crevette(クルヴェット)

牡蠣:Huître(ユイットル)

ホタテ:Coquilles Saint-Jaques(コキーユサンジャック)

ムール貝:Moule(ムル)

調理方法

調理方法の判別がつくと一気にメニューが読めるようになります。

ソテー(油で炒める):sauté(ソテ)

ロースト(オーブン焼き、串焼き):rôti(ロティ)

グリル(網焼き、鉄板焼き):grillé(グリエ)

煮込み:ragoút(ラグ)

揚げた:frit(フリ)

ゆでた:bouilli(ブュイ)

生の:cru(クリュ)

サンドイッチ

フランスで食べるサンドイッチはほんとにおいしい!好みの具の名前だけでも覚えておくと◎

ハム:Jambon(ジャンボン)

ゆで卵:oeuf dur(ウブジュール)

ツナ:Thon(トン)

トマト:Tomate

スモークサーモン:Saumon fumé(ソーモン・フュメ)

ローストチキン:Poulet rôti(プレ・ロティ)

マヨネーズ:Mayonnaise

バター:Le beurre(ル ビュール)

果物

果物の名前がわかればケーキやヨーグルト、ジュースなどがスムーズに選べるようになります。

いちご:Fraise(フレーズ)

レモン:Citron(シトロン)

ぶどう:Raisin(レザン)

りんご:Pomme(ポム)

みかん:Clémantine(クレモンティーヌ)

ラズベリー:Framboise(フランボワーズ)

パン

たくさんの種類があるパンですが、基本的な名称だけでも知っていると安心。あとは見た目で選んでも大丈夫そうです。

クロワッサン:Croissant

チョコ入りクロワッサン:Pain au chocolat(パンオショコラ)

デニッシュレーズン:Pain aux Raisins(パンオレザン)

アップルパイ:Chausson aux pommes(ショソンオポム)

お菓子やデザート

レストランではデザートの種類を選べる場合が多いので知っていると助かる言葉を集めました。カフェで甘いものを食べるときにも役立ちます。

ケーキ:gâteau(ガトー)

タルト:Tarte(タルト)

シュークリーム:chou à la crème(シュー ア ラ クレーム)

ドーナッツ:beignet (ベニエ)

プリン:crème caramel (クレーム カラメル)

ゼリー:gelée (ジュレ)

クレームブリュレ:Crème Brûlée(クレームブリュレ)

アイス:glace(グラース)

シャーベット:sorbet (ソルベ)

キャンディ:bonbon(ボンボン)

ホワイトチョコ:Chocolat blanc(ショコラブラン)

モチコ

食べたいものが食べられないと旅の楽しみが半減しちゃいます。食に関する言葉は覚えておいて損はありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です