【パリ】アンジェリーナのモンブランってどんな味?マロンクリームを使った超簡単モンブランレシピも

パリで必ず食べたい極上スイーツ

パリ行きを前に、絶対食べると心に決めていたのがアンジェリーナのモンブラン。あのココシャネルが通った老舗店で、モンブラン発祥のお店ともいわれています(所説あるようです)。

パリには本店のほか、以下のようにあちこちに店舗があるのでホテルの近くや観光スポットの近くなど旅行プランに合わせてお店を選べます。

アンジェリーナのモンブランの味は?

アンジェリーナのモンブランについてリサーチしていると「甘さ控えめでおいしい!」という感想と「甘すぎて食べきれなかった…」という感想が混在していました。味覚は人それぞれなので味の感想が違うのは当たり前なのですが、期待外れだったら悲しいなという気持ちも正直芽生えました。

また、「大きすぎる!」という口コミも。食べきれないかったらどうしようなんて心配もしていました。

実際にお店で食べた感想はというと…

  • そんなに大きくないよ(ぺろりと完食)
  • 甘すぎないよ、ちょうど良いよ、うまいよ!!(文句なしのおいしさ♡)
  • あれ、でも最後に出てきた土台が砂糖の塊みたい。確かに甘すぎるかも…

外側の甘いマロンクリームと中にたっぷり入った甘くない生クリームは口の中でちょうど良い甘さに混ざり合って舌が大喜びです。おいしすぎて一口目から身悶えしてしまったほど。

飽きることなく、それどころか永遠になくならなければいいのにと思いながら食べ進めていくと、ついにクリームはなくなり底が見えてきました。これで最後かと気落ちしながら白い土台を口に運んでみると、すんごい甘い!

あとで調べてみたところ、この土台は砂糖を加えたメレンゲを焼いたものだそう。クリームをたっぷり味わってきたところにサクッとした食感が突如現れておもしろいのですが、マロンクリームと生クリームの甘さが上品で最高だっただけに、最後に刺激的な甘さが追加されてしまうのがちょっと残念。個人的には「これいらないなぁ」と感じました。

とはいえ、息子が残した土台までおいしくいただきました。パリのアンジェリーナのモンブランを残すなんてありえませんもの。(食い意地)

フランスではマイナーだというアイスコーヒーを頼んでみた

アンジェリーナのもう一つの名物は「ショコラショー(ホットチョコレート)」だそうです。パリの通のマダムはモンブランとともにいただくそうですが、さすがに無理そうだったのでアイスコーヒーをオーダーしてみました。

パリではアイスコーヒーは一般的な飲み物ではないそうで、アンジェリーナで飲めるのはラッキーだな、なんて思いながら。

運ばれてきたアイスコーヒーは縦長のグラスに入って量も十分。でも、何かが足りない…。はっ、ミルクとガムシロップが添えられていないのです。

あぁ、ここはフランス。コーヒーの飲み方が日本とは違って当然です。ブラックで飲めるので支障はなかったのですが、ダメな方はご注意くださいね。(しょうもない体験談でした)

アンジェリーナのマロンクリームでモンブランを作ってみた

ギャラリーラファイエットのグルメ館で買ったアンジェリーナのマロンクリームで、初挑戦のモンブランケーキをつくってみました。ただし、本格的なものではなく、簡単に作れるなんちゃってモンブランです。良かったら作ってみてくださいね。

スコップモンブランのレシピ

モンブランを作る過程で難しいのは、生クリームを山状に絞って、さらにその上にモンブランクリームを絞っていくところだと思いました。そこで思いついたのがスコップケーキならぬスコップモンブラン。ケーキのデコレーションやしぼり袋の扱いに自信がなくてもなんとか様になるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■材料(15×15cmの容器1個分)

  • アンジェリーナのマロンクリーム 200g
  • 無塩バター 45g
  • 生クリーム(乳脂肪分40%以上) 100㏄
  • 砂糖 小さじ1
  • 市販のスポンジケーキ(お好みで。なくても可)

■作り方

  1. 生クリームに砂糖を加えてかために泡立て、冷蔵庫で冷やしておく
  2. 常温においてやわらかくした無塩バターとマロンクリームをよく混ぜる
  3. スポンジケーキを小さくカットし、容器の底に敷き詰める
  4. スポンジの上に冷やした生クリームを広げる
  5. 2のモンブランクリームを絞り出したら完成

■おいしく作るコツ

  • 生クリームはモンブランクリームをのせてもつぶれないようにかために泡立て、さらに冷蔵庫で冷やしておきましょう。
  • スポンジケーキはお好みの土台に変えてもOKです。なしでもモンブランクリームのおいしさは味わえるので、わざわざ買いに行かなくても良いかも!
  • モンブラン用の口金がなかったので、細い口金で代用しました。一定のリズムで手を動かし、同じ力で絞っていくときれいな線状になります。(私は失敗しています(恥))

モチコ

アンジェリーナのマロンクリームでなくてもおいしく作れると思うので、手に入りやすいものを使ってみてくださいね。私も今度チャレンジしてみます♪

TripAdvisor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です