ルマンドアイスがやっと全国展開!ジリジリさせられたここまでの【道のり】まとめ

高貴な紫色のパッケージに身を包み、ココアクリームの絶妙な甘さとサクッとした食感で私たちを魅了するルマンド

子供の頃、畳の上にボロボロこぼして隣のおばちゃんに叱られたほろ苦い思い出…。我が子に同じことを言っている自分に気付いた瞬間の苦笑い…。

とにもかくにも、ルマンドはおやつの大定番! ルマンドの存在がにっぽんのおやつタイムのクオリティを保ってきたことは誰にも否定できません。

そんなルマンドは2016年に「ルマンドアイス」として装いも新たに登場しました。あの誰もが知っているルマンドと、これまたおやつのド定番、アイスクリームが融合するとは!

「どうして今まで誰も思いつかなかったのか!!」とお茶の間に衝撃が走りました。

そしてこのルマンドアイスは、2018年2月に関東で発売され、全国どこでも買えるようになりました。

でも、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかったのです。

じりじりさせられたルマンドアイス全国展開の軌跡をまとめます!

2016年夏、ルマンドがアイスになった

マユミ ◡̈✩︎さん(@mayumitta)がシェアした投稿


「ルマンドがアイスになるらしい」という噂が広まったのは2016年の夏。それは現実となり、8月8日に新潟県と北陸3県(富山、石川、福井県)から販売されました。

ルマンドアイスを一言で説明すれば、バニラモナカの中にルマンドを挟んだもの。チョコモナカならぬココアクリームモナカです。

モナカは4つに割ることがき、その一つ一つにミニタイプのルマンドがきれいに収まっています。だから割ってもボロボロとこぼれたりしません。(この点はお母さんの支持を集めたはずです)

なんで地域限定なのぉぉぉぉ

幸運にも発売限定地区に選ばれた新潟&北陸3県では大いに盛り上がりました。

「ゲットした―!」という自慢げな声や「どこにもないんだけど…」という悲壮に満ちた声がSNSに次々とアップされ、ちょっとしたお祭り状態に。

そして2~3日後には売り切れ店が続出。限定地区でさえも入手困難になるという人気ぶりでした。

一方その頃、関東や関西、いやほぼ日本中のルマンドファンたちの心境と言えば、

「ブルボンさん、なんで全国で売ってくれないの?」

という悲しみでいっぱい。

どうやら、このルマンドアイスの販売は「検証販売」だったようで、売れるか売れないか様子を見ながら販売地域を拡大するというブルボンの作戦だったよう。

売り切れになるほど人気は爆発し、作戦は大成功だった模様です。


売ってないなら作っちゃえ!というツワモノ現る

kassyさん(@mayonattoo)がシェアした投稿


新潟&北陸3県以外に住む人たちは、いつかもわからない発売日までじっと待つしかない状況だったのですが、さすが工夫大好きな日本人とでも言いましょうか、なんと自作する人たちが現れました。

今となっては懐かしい、そのレシピを紹介しましょう!

材料

バニラモナカ(お好きなもの)

ミニルマンド ※ない時は大きいのでも可

作り方

  • STEP.1
    バニラモナカを包丁で二つに分けます
  • STEP.2
    ミニルマンドを横に4本並べます
    大きいルマンドの場合は縦に2~3本が目安
  • STEP.3
    モナカを元に戻してサンドしたら完成!

選ぶバニラモナカによって完成度に違いが出て、どのアイスがおすすめかという話題でもかなり盛り上がりました。

モチコ

モナ王で作って食べたら美味しかったなぁ。

パリパリモナカが好きな人は、バニラジャンボモナカの方がおすすめ♪


予想を上回る人気にエリア縮小

全国からうらやまし光線浴びまくりの新潟&北陸3県。ところが、予想を上回る人気ぶりに供給が追い付かず、販売地域が新潟県だけに縮小されてしまいました。

北陸3県さん、残念!

一気に立場が逆転した北陸3県民は涙をのみましたが、そこはルマンドアイスを買えない方が大多数の日本。北陸3県民を暖かく迎え入れます。

こうしてルマンドアイスによって、新潟県vs41都道府県の静かな対立ができあがったのでした。

※12/5に北陸3県で販売が再開されました。


2016年12月 東京駅でルマンドアイスが限定発売

新潟&北陸3県での発売開始からおよそ4ヶ月。いよいよ東京でルマンドアイスが手に入るチャンスがやってきました。

でも、残念ながら期間限定発売。東京駅一番街の「東京おかしランド」に期間限定出店された「パティスリーブルボン」で、これまた12/19~2017/1/1の期間限定でルマンドアイスを販売したのです。


都民からの熱望に応えてくれた形となりましたが、簡単には手に入らない状況は変わりません。1日500個、1人1個の制限があり、8:30から配られる販売引換券を手に入れなければ買えないというハードルの高さだったのです。

しかも、お持ち帰り用のドライアイスや保冷バッグは用意されていないから、その場で食べるという選択肢しかなし…。持ち帰って家族で分け合って食べることもできないのでした。

発売初日はいち早く情報をキャッチした人たちが開店前から50人以上並んでいたとか。

そんな盛り上がりに、いよいよ東京上陸かと期待が高まりました。


2017年2月6日 長野&山梨県で発売スタート

新発売からおよそ半年、2017年2月6日に遂にルマンドアイスの販売地域が拡大されました。

その地域は長野県と山梨県。

「え、東京じゃないの!?」と多くの人が思ったはずです。

長野県は新潟と富山に隣接している県だし、山梨は長野県のお隣。

新潟&北陸3県エリアを起点に、だんだんと販売地域を広げていく作戦が読みとれました。

そもそも、なぜ一番最初に発売されたのが新潟&北陸3県なのかというと、どうやらブルボンの本社が新潟県の柏崎市にあることに関係しているよう。

全国区のお菓子メーカーといえど、すべて東京に本社があるわけではないことにも気付かされました!


5月8日 宮崎&鹿児島&沖縄に上陸

地域拡大第2弾は、宮崎県・鹿児島県・沖縄県でした。

予想とは裏腹にいきなりの南下!東京だけでなく、関西も飛び越える離れ業に度肝を抜かれます。

ブルボンさんは何を考えていたのでしょうw


7月3日 熊本&大分県で発売開始

南下し始めたブルボンアイスの次なる展開地区は、熊本県と大分県でした。

九州のなかでも、福岡を飛ばしちゃうところがまたもブルボンさんという感じ。

完全にクセが強いw


7月31日 九州全域で買えるように

ところがどっこい、意外と今回のじらし期間は短かった!

同じ月の月末には、九州全域で買えるようになりました。

夏の暑い時期に、心待ちにしていたアイスが自由に変える喜びを九州人は手に入れたのです。うらやましか~。


9月11日 東海4県で発売開始

暑い時期まっさかりの8月下旬、次なるルマンドアイスの展開地が発表されました。

それは東海4県。

愛知、岐阜、三重、静岡県の民がラッキー県民の称号を手に入れたのです。

沖縄、九州ときて順調に北上していくのかと思いきや、大都市圏関西をすっ飛ばして東海に来るあたり、ブルボンさんらしいですね。

このころになると、関東民は

「うん、そうだよね、もう、そうなるよね…」

「きっと関東がスキジャナインダネ…」

などと、こじらせる人も続出。

一方の東海県民は、「関東や関西に勝った!」と勝利の雄たけびを上げたとか上げないとか…。


10月2日 北海道&東北に拡大

発売開始からはや1年と2ヶ月。いまだルマンドアイスが全国展開されていない状況に「どうせ手に入らないんでしょ」というあきらめムードも漂ってきました。

そんな中、新たな販売地区として発表されたのが北海道と東北地区。

冬が来てアイスが売れなくなる前に、早いとこ北国で売っておこうかという戦略があったのかもしれません。

こうしてルマンドアイスの勢力地図は一気に拡大。もはや販売されていない地域の方が少ないという状況になったのです。

平たく言えば、「ルマンドアイスは関東&関西以外で発売」ということに…。

(※中国・四国地方もこの時点では未発売です)


11月6日 中国・四国地方に上陸

やっぱりというべきか、なぜだというべきか、次なる販売拡大地区は、中国・四国地方でした。

中国5県と四国4県の計9県が一気に発売地区に。

遂に残されたのは大都市圏の関東と関西だけになったのです。

このころになると、SNSでは

「もう、販売してくれなくていい  by関東民」

「ここまで来るとかわいそう…  by買える地区県民」

という声もアップされるように。

ルマンドアイス買える買えない問題で、関東&関西人はみじめな気持を味わい続けていたのです。

この頃、ブルボンの公式ツイッターには

「次の販売地域をお楽しみに♪」というツイートが投稿されたそう。

もう余裕っすよ、ブルボンさん。完全に日本を掌握していましたね。


12月4日 関西地域でも買えるように!

年の瀬も近づいた12月。とうとう関西地区でもルマンドアイスが販売されることになりました!

やっとというか、遂にというか、後回しにされた感のある関西地域はもう大はしゃぎ。

冬だろうが、他県民に上から目線で「良かったね」と思われようがお構いなしに、次々と念願のアイスを口にしたのでした。


2018年2月12日 関東上陸!2年越しの全国制覇

待ちに待ったこの日がやってきました!

ルマンドアイス、遂に関東上陸です!!

2018年2月の発売。最初の発売が2016年の夏だったので、ずいぶんと長く待たされたものです。

関東の1都6県で販売が開始され、これでようやくルマンドアイスが日本全国どこででも買えるようになりました。

ですが待たされている間に、ルマンドアイスの味やおいしさについてはイヤというほど見たり聞いたりしている関東人。

手にした時の喜びも複雑で、SNSにアップするのにも今さら感を感じずにはいられません。

でも、やっぱりうれしいものはうれしい♪ 思い思いの気持ちを胸に、ルマンドアイスを無心にほおばるのでした。

これでやっと、ザワザワしていた日本も落ち着いたのです。


3月26日 ロイヤルミルクティー味またも北陸限定で発売開始

yoko hasegawaさん(@yokoimmn)がシェアした投稿

ぬおー!

安心したのもつかの間、今度は「ルマンドアイス ロイヤルミルクティー」が新発売されました。

やっぱり新潟&北陸3県限定です。

気になるその正体は、ルマンドアイスのバニラアイスをミルクティーアイスに、チョココーティングをミルクティー風味に、ルマンドをルマンドキャラメルに変えたもの。

想像しただけで美味しいのがわかっちゃいますね。

でもうれしい半面、なぜか絶望も感じるのは「また一からやり直しか…」と思ってしまうから。

ルマンドアイスの経験から、どうせ今度もなかなか手に入らないんでしょう、という気持ちが生まれてしまうからです。

さあ、果たしてブルボンのじらし作戦は再び成功するのでしょうか!?

じりじりさせられることに嫌気がさして、私たちの気持ちが離れてしまうことはないのでしょうか?

恋愛でも高度なテクニックとされるこの作戦に、ブルボンさんは果敢にも挑戦してきました。

ならば私たちも、堂々と受けて立とうではないですか!

じらされて評価を高くするでもなく、かわいさ余って憎さ100倍になるでもなく、心穏やかに静観しましょう。

モチコ

いっそ、新潟まで食べに行くのもいいかもね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です