超便利!「ホテル・ロンドル・エ・ニューヨーク」はサンラザール駅目の前

 

ホテル・ロンドル・エ・ニューヨークで快適なパリステイ

パリで6泊お世話になったのが、「ホテル・ロンドル・エ・ニューヨーク」です。結果的にこの選択は大成功で、みなさんにも超おすすめしたいホテルでした。

パリのホテルに一切知識のない私がどのようにして選んだかというと、以下の条件で絞り込んだ結果、ヒットしたホテルでした。

  • パリ初心者なので、何かと便利だというオペラ地区に泊まりたい
  • あちこち観光するのに交通の便が良いといいな
  • パリのホテルは狭いらしいけど、6泊もするからなるべく広い部屋がいいな
  • 口コミはやっぱり気になる
  • ツインの部屋がマスト
  • 星は3つ星以上が目安

モチコ

ホテル予約サイトの写真を見るとかなり都会的で美しい写真が並んでいますが、実際はもう少し古びているんだろうなと予測していました。ところが、予想以上にきれいでモダンな部屋で、毎日快適に過ごすことができました。

ロンドル・エ・ニューヨークのお部屋紹介

スーペリアツインの部屋です。ベッドのパリッとしたシーツが気持ちよかった!壁には絵、ちょっと腰掛けたり、洋服をかけたりするのに便利な椅子が4脚と、ベッドにもなりそうな大きなソファーが完備されていました。

壁際のデスクが何かと便利でした。お化粧したり、ご飯を食べたり、買い物したものを整理したり。壁の奥に広々としたバスルームとトイレがあります。

テレビは壁にきれいに収納されていました。手前にあるのが大きなソファーベッド。部屋に戻ってすぐ荷物を置くのに便利で、その分ベッドには何も置かなくてよく、気持ちよく寝そべることができました。こういうちょっとした快適さが部屋の満足度を上げてくれたと思います。

冷蔵庫も完備。最初だけでしたが水のペットボトルが1本サービスされていました。コーヒーカップと冷蔵庫の中で冷えたグラス、コーヒーやお茶のティーバッグ、電気ケトルもあってフル活用しました。

洗面ボウルやトイレは撮り忘れてしまったのですが・・・。洗濯ばさみやS字フックを持って行き、このようにして洗濯物などを干していました。洗濯ロープは使わずじまいだったな。

ロンドル・エ・ニューヨーク名物(?)ガラスのシャワーカーテン。かびたり匂ったりするシャワーカーテンが苦手なのでこれはうれしかったです。でも、へたくそ故、毎回床にシャワーのお湯がOBしてしまいました。床はモノクロのタイルだったので、足ふきマットで拭けば意外とすぐに乾きましたよ。最初の晩は足ふきマットをびちょびちょにしてしまったので、出る前に敷いたほうがいいかもしれません。

ほんのちょっと写っている洗面ボウルはスクエアでモダンなデザイン。洗濯がしやすかったです。ドライヤーも風量たっぷりの満足できるもので、部屋に移動して使うこともできました。タオルホルダーも使いやすい位置に。アメニティーは、石鹸とボディー&ヘアジェルとボディーローション、シャワーキャップだったかな。石鹸しかないかなと予想していたので意外でした。

オレンジ色のバッグはダイソーで買ったメッシュバッグ。この中にお風呂や洗面に使うものを入れてぶら下げておきました。便利なのでおすすめですよ。

朝のサンラザール駅。5階(日本式6階)の部屋からの眺めです。駅舎の時計、時間がずれているんです、駅なのに! 歴史あるたたずまいの駅舎ですが、中は確かパリ初だったという駅ナカショッピングモールになっています。そちらの紹介はまた別の記事で!

夜のサンラザール駅。なかなか暗くならないパリでしたが、夜中にはさすがに真っ暗に。右端に見えるオブジェはフランスのアーティスト、アルマン・フェルナンデスの作品だそう。時計がたくさん寄せ集まっていて思わず注目してしまいます。

TripAdvisor

ホテルの立地

ホテル・ロンドル・エ・ニューヨークはサンラザール駅(Gare Saint-Lazare)の目の前に建っています。大通りに面しているので、駅に立てばすぐに場所がわかるほどです。

サンラザール駅はパリの主要ターミナル駅のひとつで、メトロ(3, 9, 12, 13, 14号線)だけでなく、フランス国鉄のSNCF(L線とJ線)、パリと近郊都市を結ぶRERのE線(地下にあるオスマン・サンラザール駅から)が発着しています。パリを観光するにはとても便利な駅です。

ホテルの目の前には駅からつながる2番出口があります。ここを使わなくてもホテルとの距離は至近なので、地上からアクセスするのもおすすめですよ。

食事はどこで?ロンドル・エ・ニューヨーク近くのお店紹介

ファストフード店

マクドナルド

ホテルの目の前を通るサンラザール通り沿いにマクドナルドがあります。外観はパリの古い建物ですが、注文がパネルタッチ方式なので観光客にやさしいです。朝早くやっているものうれしいですね。

営業時間

月~木:7時30分~0時20分
金:7時30分~1時50分
土:6時30分~1時50分
日:6時30分~0時20分

Quick(クイック)

マックのようなハンバーガーとポテトが食べられるファストフード店。日曜日が休みだったり、短縮営業している店が多い中で毎日朝7時~夜中2時まで営業しているのは心強い。

営業時間 毎日:7時~2時

公式サイト https://www.quick.fr/saint-lazare/a-la-carte

バーガーキング

日本でもおなじみのバーガーキング。サンラザール駅のショッピングモールの2階(日本式3階)にあります。注文はパネルタッチ方式で気楽。でも、呼ばれる番号がフランス語で聞き取れず、難儀しました。(じっと観察して、だれも反応しなかった番号のときにレシートをもって突撃したところあたりでしたw)

営業時間 毎日:10時~23時

朝食に良さそうなカフェ

EXKi(エクスキ)

ベルギー発のオーガニックデリ系カフェ。イートインもテイクアウトもOKです。気軽に入りやすく居心地も◎、トイレもきれいだと人気です。(トイレはレシートに記載されたコードナンバーが必要です)

営業時間 

月~木:8時~21時30分

金・土:8時~20時

日:10時~19時

メニュー https://www.exki.fr/fr/produits

Le Pain Quotidien(ルパン・コディアン)

東京でも人気のベルギー発のベーカリーカフェ。サンラザール駅前のヒルトンホテル内にあります。宿泊者でなくても利用できるので安心してくださいね。

営業時間 

毎日:8時~21時30分

メニュー https://www.lepainquotidien.com/fr/en/menu

プリントアウト用英語メニュー https://d3czsrzhe935e3.cloudfront.net/enrichment/media/FR-Menus_CoreSummer2019_HILTON_ENG.pdf

Brioche Doree(ブリオッシュ・ドーレ)

フランスに約300店舗も展開しているベーカリーカフェ。日本にも進出しています。あちこちに見かけて、お昼時には人が並び、歩きながら食べている人も多く見かけました。

営業時間 

月~土:7時30分~20時(店舗によって異なります)

日:お休み

メニュー https://www.briochedoree.fr/carte/categorie/SANDWICHS/sandwichs

Braun Notes Coffee(ブラウン・ノーツ・コーヒー)

パリで飲むコーヒーはおいしくないと噂される中、おいしいコーヒーを飲ませてくれると評判なのがブラウンノーツコーヒーです。アメリカのカフェのような雰囲気で、日本人のスタッフがいるときもあります。朝食メニューはバリエーションがあって魅力的です。

営業時間 

月~金:8時~19時

土・日:9時~19時

FACEBOOK https://www.facebook.com/braunnotescoffee/

パン屋さん(ブーランジェリー)

PAUL(ポール)

パリのあちこちに見かける老舗ブーランジェリーのポール。日本でも人気ですが、パリでもたくさんの人が並んでパンやスイーツを購入していました。ちょっと食べたいなと思ったときに気軽に買えるのが魅力です。

パンオーショコラやエクレア、フランなどを食べました。サイズが大きいので、1個でも満足感が高いのがうれしかったです。(2日かけて食べたりしていました)

ホテルからオペラ座方面に歩いていく途中にあるだけでなく、サンラザール駅のショッピングモール2階(日本式3階)にも2店舗入っています。

営業時間 

店舗によって異なりますが、だいたい7時半くらいから20時くらいまで営業しています。土曜日は開店が少し遅くなり、日曜日はお休みです。

メニュー https://www.paul.fr/en/3-our-products/

テイクアウトできるお惣菜屋さん

PRET A MANGER(プレタ・マンジェ)

星のマークがかわいいプレタ・マンジェはサンドイッチやサラダなどをテイクアウトしたり、イートインもできるお店です。セルフ方式なのでカップに入ったお惣菜やデザートを選んでレジへ。レジカウンター周りにはパンが並んでいて一緒に注文できます。キッシュなどは温めてくれるのでホテルでもおいしく食べられますよ。

店舗はあちこちにありますが、ホテルから一番近いのはギャラリーラファイエットのグルメ館0階(日本式1階)です。

営業時間 

月~土:8時30分~21時30分

日:11時~19時

メニュー https://www.pretamanger.fr/fr-fr/menu-repas

cojean(コジャン)

ヘルシー志向のパリジャンやパリジェンヌから支持されているデリ系カフェのコジャン。フランス料理に胃腸が疲れてきた時や、レストランでの食事が億劫な時におすすめです。

ホテルから一番近い店舗は、プランタンのモード館地下1階です。

営業時間 

月~土:9時35分~20時(※木曜日は20時45分まで)

メニュー https://www.cojean.fr/

boco(ボコ)

3つ星フレンチシェフのお惣菜やデザートをテイクアウトできるのがボコ。ドレスアップしてレストランに行かなくても、ホテルの部屋やイートインで気軽においしいフレンチを味わうことができます。ガラスジャーで有名なWECKのガラス容器に入っているのも素敵!ちょっと重いですが、自分へのパリ土産になりますよ。(返却すれば1€返してくれるそうです)

お店はホテルとマドレーヌ寺院のちょうど中間あたりに位置しています。

営業時間 

月~金:8時30分~22時

土:11時~18時

メニュー https://www.cojean.fr/

カジュアルなビストロ&ブッラスリー

Lazare(ラザール)

サンラザール駅構内にあるビストロ。パリ最高級ホテルのシェフが監修しているので、高級フレンチの味を気軽に楽しめます。朝から深夜までノンストップ営業なのもうれしい。

営業時間 

毎日:7時30分~23時

メニュー https://lazare-paris.fr/la-carte/

Mollard(モラール)

ホテルからほど近い場所にあるブラッスリーモラール。シーフードが看板らしく、牡蠣やカニなどが人気だそう。送迎してくれた日本人ガイドさんにもおすすめされました。鴨のコンフィやエスカルゴなどもあり、気軽にフレンチを味わうのに良さそう。日本語メニューもあるそうです。

営業時間 

毎日:12時~0時30分

メニュー https://www.mollard.fr/la-cuisine/menus-et-formule/?lang=en

Café Marco Polo(カフェ・マルコポーロ)

イタリアの冒険家マルコポーロの名前を戴いたカフェは、その名のとおりイタリアンのお店。テラス席もあり、夜中までワイワイと気楽に食事ができると人気です。日本語メニューがあります。

営業時間 

毎日:7時~2時

Hippopotamus(ヒポポタミュス)

フランス産牛のステーキチェーン店。ヒポポタミュスとはカバのことで、キャラクターにもなっています。ファミレスのような雰囲気で、フランスにはめずらしくキッズメニューがあります。チェーン店と侮ることなかれ、観光客向けのあまりおいしくないカフェのメニューよりもずっとおすすめです。

営業時間 

毎日:11時~23時

メニュー https://www.hippopotamus.fr/Carte/paris-bastille-4e

モチコ

ホテル周辺にお店はたくさんあるので、朝食なしプランでも困らずに6泊過ごせました。ちなみに、ホテルのエレベーターはとても狭いです(古い建物に後付けしたものなので仕方がないそう)。混雑する時間帯は降りるだけだったら素敵ならせん階段を使ってみるのもおすすめですよ。

TripAdvisor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です