キャベツたっぷりのシュークルート

「シュークルート」なんて耳慣れない料理名ですが、フランスはアルザス地方の伝統的な郷土料理です。

誤解を恐れずに一言でいえば「酸っぱいキャベツ」。ドイツ料理のザワークラウト(添え物的な、漬け物的な立ち位置の…)に似ているのですが、シュークルートのほうが断然おいしく感じました。

理由はこのレシピの以下の特徴にあるんだと思います。

  • スープがあってうまい
  • にんにく入りでコクがある
  • ウィンナーのうまみが効いている
  • 甘みがプラスされ食べやすい
  • じゃがいもの食べ応え!

副菜で作ったつもりが、白ごはんのおかずになったくらいおいしかったので、ぜひみなさんも作ってみてください!

シュークルートのレシピ

食材

  • キャベツ1/4玉(春キャベツだったら1/2玉)⇒太めの千切り
  • 玉ねぎ 1/4個⇒薄切り
  • じゃがいも 中2個⇒5mmくらいの輪切り
  • ウィンナー 6本

調味料

  • バター 少々
  • オリーブオイル 少々
  • 黒コショウ 少々
  • ★水 150㏄
  • ★白ワインビネガー 大さじ2
  • ★酒 大さじ1.5
  • ★砂糖 大さじ1/2
  • ★顆粒コンソメ 大さじ1
  • ★チューブにんにく 小さじ1~

作り方

  • STEP.1
    フライパンにオリーブオイルとバターを入れて熱し、キャベツ・玉ねぎ・じゃがいもを炒める
    キャベツがしんなりすればOK
  • STEP.2
    ウィンナーと調味料の★を加え、煮立てる
  • STEP.3
    弱火にしてふたをして煮る
    目安はじゃがいもがやわらかくなるまで
  • STEP.4
    黒こしょうをふったら完成
     

モチコ

甘みと酸味のバランスが絶妙です。疲れたときのおかずにいいかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です